あけましておめでとうございます。ほっぷ鍼灸整体院の吉川です。

いよいよ2020年代の幕開けですね。

20年代は私の地元名古屋ではリニアが始動し始め、日本では人口の約30%は高齢者という超高齢社会に突入すると予測され、世界ではインドがGDPが日本を抜き世界4位になり、人口も中国を抜いて世界一位となり超インド時代(私語)に入ります。

世界でも日本でも名古屋でも激動の時代になりますね!はたまたどんな時代になるのか個人的には楽しみです。

ここほっぷも開業約一年半が経ちました。

多くの色々な患者さんに来ていただきまして大変うれしく思っています。

ただもっともっと自分も成長をしていきたいし、ここももっと多くの方々に知って頂きたい。そんな思いから今年はどんどん積極的に動いていこうと思っています。

また技術面でも今年は睡眠育成師の認定試験も控えておりますのでもっと治療パフォーマンスを高めていける一年になるといいなと思っています。

さて、今年はいよいよ東京オリンピック2020の開催です。

そういえば知らないうちに7/24がスポーツの日で祝日となっておりました。

国民の祝日から色々動いていてどんな一年になるか楽しみです!

〇これからの時季は隠れ脱水に注意を!!

気温も寒くなり寒気が本格的になり始まりそうですね。

また一月、二月は乾燥も強くなりインフルエンザの流行も懸念されます。

みなさま何卒うがい手あらの徹底と自己管理を心がけてください。

 

そんな中一つの注意事項があります。

 

タイトル通りですがそれは隠れ脱水です。

冬に脱水症状?と思われるかもしれませんが、これ中々多いです!!

暖房やストーブなど防寒家具を使うことは必要ですがその分加湿量が減ってしまい身体の中の水分量も減り隠れ脱水となります。

この時期の脱水症状の出始めは夏場と違い明らかな挙動はありません。

ですのでみなさんも自覚されていない方が非常に多いのです。

そんなあなたにまずお伝えしたいのが脱水は主に腸から始まります。

それは腸(特に小腸)が身体の水分量に大変な役割を持っているためです。

腸には絨毛(ジュウモウ)とよばれる繊維がありこれらが体内に入ってきた水分を身体全体に吸収させるためのキーパーソンなんです。

そのためこの時期の脱水症状の主な初期症状は胃の不調や便、尿から出始めます。

便秘がいつも以上に長かったりした場合は身体の水分が足りていないこと。また下痢が続いた場合も身体の中の水分の量が減ってしまいます。

尿もいつもより濃い濃度だったり排尿の際に尿道へ変な痛みを訴えたりした場合は要注意です!(冬に尿管結石であったり膀胱や尿道への病が多いのはこれらも関係している)

また、たべものでも急な食欲不振や突然の吐き気など胃の不調を訴えて出てくるケースも存在します。そんなときはいつもよりしっかり水分量を確保できるといいですね!

〇隠れ脱水の救世主!それは・・・

隠れ脱水の症状や怖さについては上記で触れました。

ではどのように対策するべきか

1、まずは運動

これは必須です。夏場であれば汗が出すぎたり暑さで脱水というイメージですが冬はちょっと違います。

冬の場合、身体の中に熱を取り込むことが多くなります。これは体温を寒さに負けないように保たたせるためです。

ですがその熱は身体の中に溜まりっぱなしになります。

そうなると身体の中では熱を持たせたまま維持しなければなりません。

その熱が身体の水分と合わさってしまい、不純な水分となってしまいます。

その不純な水分を身体の外に放出させるには運動しかないのです。

ただし冬の運動は汗をかいてまでする必要は必ずしもありません。

もちろん汗が出るまでがベストですが、かかない程度に動いたとしても身体の中では水分が循環します。ここまででも十分です。

寒いから運動はしたくない。もちろんわかります(笑)ですが先ほどの脱水もそうですが健康を考えると適度な運動はどの季節でも必要になっています。

2、どんなものを食べたり飲んだりすればいいの??

ここからはどんなものを摂取すればいいのかお話しします。

まず食べ物。

これはいろいろな意見はあると思います。検索すればするほど山ほど情報がでてきます。

しかし大体がそれらは優良な健康食品の販売であったり、お金をかけなければならないものばかりです。

今回私がおすすめするのはあくまでお金のかからない方法です。

 

その方法とは・・・・

 

黒い食べ物です!!

東洋医学的な観点では膀胱、腎に効くと言われているのが黒い食べ物。

はるか昔江戸時代には胡麻、きな粉、とろろ昆布を合わせた「胡豆昆丸」(こずこんがん)と呼ばれる食べ物があり、戦中はそれらを食べて栄養を摂取していたとされます。

黒い食べ物は昔から体にいいとされていた証拠ですね!

では黒い食べ物なにがあるか?

海苔、ひじき、昆布、わかめ、なす、黒豆、ごぼう、ゴマ、くくらげ、シイタケ、レーズン、プルーンなどですかね。

他にもいっぱいあると思いますが今のところこれくらいしか思いつきませんでした笑

これらばかり食べればいいのではなく一食の中に混ぜて食べる程度でも構いません。意識して黒い食べ物を摂取することが大切になります。

次に飲み物です。

これも賛否あると思いますが私がおすすめするものは・・・

白湯(さゆ)です!!

できれば60度~程度の温度が最適だと感じました。

ただ単に水分を飲めばいいのか。それも大切ですがどうせなら身体への浸透率の高い飲み物がおすすめです。

その中でも手軽で誰でもできてしまう白湯。

おすすめの理由として水分的にも腎臓の機能回復にも身体の循環のリセットにも様々な要因が上げられます。

本当におすすめです!!

 

この時期の隠れ脱水。

それは私たちの知らないうちにあなたの身体は悲鳴を上げています。

エアコン、ストーブなど乾燥が目立つこの時期にこそ加湿器も大切ですがご自分の中にも加湿を考えてあげてください。

そういえば書いてて思い出しましたが昔はよくストーブの上にヤカンを置いて加湿器代わりにしていましたね。

あのお湯を飲むことでクラスや先生によく叱られたことを思い出しました笑

でもあれこそ最強も加湿器だったんですね!!!

おわり

予約・お問い合わせ

もし、体の調子が悪いと感じたらいつでもご連絡下さい。私たちは、あなたに十分な施術時間を確保するため、完全予約優先制にさせて頂いております。必ずお電話、メールで予約状況をご確認下さい。

どのような症状でも施術料金は一律5500円となります。

受付時間
9:30~14:00×
17:00~22:00××
9:30~17:00×××××

※休診日:日曜・祝日・水曜午後 ※最終受付30分前

〒490-1111愛知県あま市甚目寺須原46-1