お灸の秘密

私が使う「灸」には秘密があります。そして、それは日本国内で数件しか採用されていない「希少なお灸」です。そして、1つずつ完全手作りのお灸です。もちろんどこにでも売っているようなものではありません。

その名も温灸「リャン」

私は「一般的な灸」とは別に「温灸」をメインに使います。一般的な灸と比べて、暖かさがジンワリ広がり、長い時間、灸をすることができるからです。

灸には「もぐさ」を使います。このもぐさはヨモギの葉から作られたもので、灸には必ず必要になるものです。そして、もぐさを載せる台座も必要です。

そして、この「台座作り」が非常に困難だったのです。

開発期間2年。試作回数10回以上

これが、私だけの温灸

温灸の台座を作ることができる業者を徹底的に探しました。そして、見つけることができました。そして、試作品を作ること10回。完成まで2年という時間を費やしました。(業者さん、ありがとうございました!)

なぜ、そんなに時間がかかったのか?それには理由がありました。

それは、日本人の身体にあった温灸をやるために「台座の厚み」の調整が必要だったからです。台座が薄ければ灸が熱く感じてしまうし、台座が厚ければ灸が冷たく感じてしまう。

日本人にとって心地が良く、そして灸の効果を100%発揮させなければいけませんでした。

試作品を作ってもらい、自分で使い、また試作品を作ってもらい・・・。これの繰り返しでした。最初は5mmから初めた台座を0.5mmずつ分厚くし、そして今の台座が完成しました。

「この厚みならいける!」そう確信するまで約2年もかかりました。しかし、その2年間を費やしたおかげで「日本人の身体に合う温灸」をすることができるようになったのです。この台座は日本で数件しか取り扱ってない、稀少な施術方法です。

季節・体調に合わせた調合

「リャン」は台座があればいいってワケじゃありません。その上に置く「もぐさ」の調合も重要です。もぐさの調合を間違えてしまうと、当然ですが灸の効果は低下します。

そして、もぐさの「固さ」も重要です。温灸の接地面からジンワリと暖かさを伝えるためには、できる限り柔らかく固めなければいけません。固すぎると燃える時間が早くなり、効果が出る前に終わってしまいます。

あなたの体調に合わせたもぐさの調合、その日の温度や湿度などに合わせた調合を、毎日行っています。

身体の痛み・症状は改善すること!

どんな症状でもあなたの生活に支障を与えてしまいます。「仕事が上手くいかない」「プライベートでうまくいかない」「もっと〇〇したい!」って思うことがあるはずです。それでストレスを抱えてしまって、症状が悪化してしまったり、別の症状を引き起こしてしまったり・・・。

もしあなたが本気で今の症状を改善したいと思うなら、一度、相談してみてください。きっとあなたの症状改善のお役に立てるはずです!

あなたがより健康で、よりストレスのない生活を手に入れられることを心から祈っています。

ほっぷ鍼灸整体院 院長 吉川太志

予約・お問い合わせ

もし、体の調子が悪いと感じたらいつでもご連絡下さい。私たちは、あなたに十分な施術時間を確保するため、完全予約優先制にさせて頂いております。必ずお電話、メールで予約状況をご確認下さい。

どのような症状でも施術料金は一律5500円となります。

受付時間
9:30~14:00×
17:00~22:00××
9:30~17:00×××××

※休診日:日曜・祝日・水曜午後 ※最終受付30分前

〒490-1111愛知県あま市甚目寺須原46-1